あるみの気ままブログ

とある東大生がゆるーく語ります。

#60 半月板を損傷した話〜おまけ

こんにちは、あるみです。

今回は半月板損傷のシリーズで書きそびれた

おまけパートを書いていこうと思います。

それではどうぞ!

 

時系列

怪我の始まり〜最後の通院終了までのロードマップがこちらです。

 

 

 

こう書き下ろしてみると、

ずっと怪我に振り回された1年間でしたね。

 

励ましかたそれぞれ

手術を終え麻酔が切れた後は、痛みと熱に苦しみました。

手術後に熱が出るのは正常な反応なのですが、

やはり痛みと暑さだるさのダブルパンチは辛かったです。

そんな時、母はこう励ましてくれました。

「辛いし痛いかもしれやんけど、頑張って耐えなさい!

手術して半月板はくっついたんやろ?嬉しいことやん!

ほら、大好きなハーゲンダッツ買ってきたから!元気だしな!」

 

それに対し、お見舞いに来てくれた友達の母(ベテラン看護師)

はこう励ましてくれました。

「大丈夫?これは侵襲熱って言って体の防御反応だから数日したら

熱は治るよ、安心して。辛かったら早めに痛み止め飲むんやで!」

 

感情論の励ましと理論の励まし……

励まし方それぞれ笑。

どちらも心のこもったありがたい言葉で、

元気と安心をもらいました!

 

リハビリの遠足

松葉杖が取れて歩けるようになってすぐの頃、

高校最後の行事・遠足がありました。

遠足では京都に行き、自由行動で観光を楽しみました。

しかし坂が多くて……

松葉杖生活でつい最近までじっとしていた私にとっては、

少し歩くだけでも息が上がってしんどかったです。

自由行動で一緒に回った友達は

「この遠足&強歩がリハビリだと思って頑張れ!!」

とスパルタに励ましてくれました(?)

 

と言いつつも、たまにペースを落としてくれて

ダウンすることなく遠足を完遂しましたˊᵕˋ ; )

いいリハビリにはなったかな…(荒療治?)

 

 

いかがでしたでしょうか?

他にも

  • 総合病院でイケメンの研修医を勝手に目の保養にしていた母と私(血は争えない)
  • 看護体験に行く後輩に「総合病院に行くんだ!院内食めっちゃ美味しいで笑」と玄人ぶる
  • 怪我経験者の同級生に親近感を覚える(「固定具で蒸れて汗疹できるよね〜」とか話しかけてました)

 

など記憶しているだけでも、ぽんぽんエピソードが出てきますね笑。

面白いエピソードを思い出したらTwitterで呟こうかと思います。

 

それではここまでお読みいただきありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう。

 

 

 

ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。


大学生ランキング