あるみの気ままブログ

とある東大生がゆるーく語ります。

#61 試験監督のバイトをした話〜頑張れ受験生!

みなさん、こんにちは。あるみです。

今回は昨年の冬に2回試験監督のバイトをした時の体験談について

お話したいと思います。

それではどうぞ!

 

11/27 東京都スピーキングテスト

 

この日は東京都のスピーキングテストの試験監督に行ってきました。

 

www3.nhk.or.jp

 

東京都立高校の入試の一環だそうで、タブレットとヘッドセットを用いて

自分のSpeakingを録音する形式の試験です。

(当時はぼんやりとしか知らなかったのですが、

入試に直結するような結構重要なテストだったんか……)

 

模試ではなく本番、ということもあり

念入りな事前研修がありました。

 

そして迎えた試験本番。試験監督の私は朝早く出発して、

7時半ごろには会場となる高校に到着しました。

動きにくいスーツで、張り紙やアルコール消毒などの準備を済ませました。

 

お昼休憩を挟んで、持ち場と業務内容の最終確認を済ませました。

業務の中でも特に大変だったのが、

ヘッドフォンやタブレットなどの機材の搬入・搬出

重くて嵩張る機材を試験の開始と終了時に台数を数えて、

別の教室に移動させるのが本当に大変で……

時間もかなりタイトだったのですが、台数の過不足などミスは禁物。

かなり神経を使いましたね……。

 

私の当時のポジションは試験監督補佐。

機材の配布と教室を見周り困っている受験生をアシストする役割でした。

教室の取り仕切り役ではないため気は楽でしたが、

ずっと業務につきっきりでぼーっとしている暇はありませんんでした笑。

 

試験が始まる前、受験生の様子を観察してみると……

「昨日のW杯見た?」

「見た見た!あの試合は良かった〜!」

なんて余裕な会話が。

かくいう私もセンター試験の会場に向かう途中は、

「受験終わったらどこに行きたい?」

なんて他愛もない話をしながら

気を紛らわせていましたからね。

受験生の姿を見て懐かしさを募らせました。

 

この日は大きなトラブルもなく終えることができました。



12/4 中学受験の模擬試験監督

 

この日は中学受験の模擬試験監督に赴きました。

教室につき試験監督は1人だったため、

1人で張り紙作業・配布作業・監視を行いました。

前の試験監督業務よりも責任重大。

緊張感を持ってマニュアルを確認・業務にあたりました。

 

この日は本番前最後の模試ということもあり、

教室の雰囲気はピリリとしていました。

そして中学受験する小学生たち、

顔つきがすんげー大人びてしっかりしてたな……

挨拶・受け答えも大人の私が顔負けするほど、礼儀正しかったです。

 

途中消しゴムを忘れた受験生がいたり、

問題の内容について質問されたり、

(もちろん試験監督の私は問題の内容は全く知らない)

軽微なトラブルはありましたが、

なんとか「ソロ・試験監督デビュー」を成功させました。



バイトを終えて・受験生へのエール

 

試験監督のバイトで受験生を眺めながら

「受験という目標に向かって脇目もふらず頑張った時期があったな〜」

「あのピリリとした受験会場独特の雰囲気、懐かしいな〜」

「友達と試験始まる直前まで他愛もない話をしたもんだな〜」

なんてノスタルジーに浸っていました。

 

いよいよ大学入試共通テストまで残り1週間を切りましたね。

今年は私の妹が受験生です。

正月休みにかまけてだらける私の隣で

年末年始もひたすらに勉強していました。

妹が部屋に引きこもれるよう自室のストーブを供出したり、

音楽を爆音で流さないようにしたり……

リラックスできるはずの実家にいながら

少し!ほんの少しだけ

肩身が狭かったですね……( ´-ω-` )

 

このドタバタ年末年始を通して

「私が受験生の時、家族はこんなにも

私に気を遣ってくれていたんだな」

と気づき、4年前の家族の気遣いと優しさに

改めて感謝の念を抱きました((っ´;ω;)っアリガトウ…。+゚

 

受験当日、妹には全力を出し切ってきて欲しいです!

そしてこれを読んでいる受験生がいる…かどうかは分かりませんが、

今までの努力が十分に発揮できることを祈っています!

「頑張る受験生に幸あれ!!」

 

湯島天神の梅。学問の神様・菅原道真が祀られています。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。


大学生ランキング