あるみの気ままブログ

とある東大生がゆるーく語ります。

#30 TOEFL iBT対策〜Reading/Listening編

こんにちは。あるみです。

今回はTOEFL iBTでどのような対策をしたのか、紹介していきたいと思います。

まずはReadingとListeningから。

私の得点はそれぞれ

Reading 26/30

Listening 26/30

でした。(結構頑張った)

 

大学受験で培った英語力をがあったので、そこまで苦労はしなかったのですが、

TOEFLに特化してどのような対策をしたのかを説明します。

Reading対策

主に公式問題集を解いて(あとはネットに転がっている問題例を使って)、

出題の傾向を掴むくらいでした。

www.amazon.co.jp

 

単語学習はアプリ「Mikan」を使って、アカデミックな単語をインプットしました。

mikan.link

 

あと暇な時に、英語のニュース記事(CNN)を読んで、内容要約をしていました。

これは速読力と単語力を身につけるため、英語学習のブランクを埋めるためにやっていた感じです。

edition.cnn.com

 

TOEFLのReading対策で特に意識したことを紹介します。

1.速読力と問題の取捨選択

内容がacademicで文章量がとにかく多いこともあり、ノロノロ解いていると

余裕でタイムオーバーになります。わからない箇所があっても読み飛ばして

スピード感を持って読む&問題を処理する

ことが重要かな、と思います。

 

また、意味の取りにくい・出題の意図が曖昧な問題もちらほらあるので、

いかに問題を飛ばし、得点を狙いにいくか

という判断力も大事かなと感じました。

 

2.問題を解く順番

これは私のこだわりですが、問題を解くルーティンを決めていました。

次の通りです。

  1. 単語問題を解く
  2. 文章全体の内容を問う問題に目を通す(各問題セクションの最後に大体あります)
  3. パラグラフに分けて読みながら、その部分に相当する問題を解く

1.は「『anarchy』の意味を次から選びなさい」的な、

ぶっちゃけ単語の意味さえわかっていれば、

文章を読まなくても解ける問題となっています。

これを先に解くことで精神安定剤になります(多分)。

 

文章を読む前に2.を挟んだ理由は、

どんな内容が書かれているかをインプットするためです。

問題文にはもちろんタイトルもついているのですが、

選択肢でもっと深い情報が得られるので、

2.のプロセスを挟むことをお勧めします。

 

またPCの画面を使って解くので、当然問題に書き込み・メモはできません。

本番に使えるメモツール(ホワイトボード)を活用しながら、

読む練習をすると良いと思います。

 

Listening対策

Reading同様に主に公式問題集を解いて(あとはネットに転がっている問題例を使って)、

出題の傾向を掴むくらいでした。

暇な時にYouTubeでTED Talksを観てました。

(↑英語力を高めたいのはもちろん、単なる知的好奇心からでもある。)

www.youtube.com

 

TOEFLのListening対策で特に意識したことを紹介します。

1.しっかり聞く

TOEFLのLiteningは、音声が流れているときはシチュエーション

(と、たまに問題のキーとなる単語)の画像しか表示されず、

音声が終わると、1問ずつ問題が表示されその都度回答する、という形です

(回答してしまうと前の問題には戻れません)

つまりどんなことが聞かれるのか予想ができない状態で、音声を聴かなければいけない

ということです。

そのため、聞き取れる情報は全てメモをとる

勢いで、とにかく集中して聞くようにしてくださいね。

 

2.聞き取れない部分があればシャドーイング

これは大学受験時からよく行っていた勉強法なのですが、

聞き取れない箇所があればそこだけを抜き出して、

音声に合わせて音読する(シャドーイングする)練習は

とってもお勧めです。

「アイガライッ(I got it)」など、音節同士が繋がっている箇所は、

脳内で区切る箇所がわからず、聞き取りづらいですよね。

とにかく音読して脳に「お決まりのつながり方・アクセント・強弱」などなどを

叩き込みましょう!

 

「自分で読めないスピードは聞き取れない」と思うので、

リスニング力を上げたい人は、とにかく音読をお勧めします!!

 

いかがでしょうか?ざっくりとした解説になりましたが、

参考になりましたら嬉しいです。

 

次回はSpeaking/Writingパートです。

苦手分野に私がどう食らいついたのか、乞うご期待笑。

 

 

ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。


大学生ランキング